終活に繋がる業者を賢く活用|霊園と併せて家族葬も

費用の下落傾向

数珠と菊

最近は少子高齢化などの影響などもあり、葬儀自体が簡素化される傾向にあり、葬儀費用も下落傾向にあるようである。今までの葬儀費用については、子供たちや親戚の人数も多かった影響でかなり規模が大きな葬儀が行われ、それに伴い葬儀費用も200万円から300万円以上かかっても珍しくはなかった。それぐらいの規模でなくてはいけないという地域的な部分もあったと考えられる。ところが、少子高齢化や経済的な困窮などから、年々葬儀自体が簡素化され、同時に葬儀費用も減少傾向にある。最近では家族葬や密葬も多く行われるようになった。これはごく限られた人数でのみ行われる形式で、葬儀費用も100万円以下でも可能な状態になっている。

また、家族葬や密葬よりもより規模が小さな方法と行われている。一番費用がかからないものとして、直葬がある。これは火葬のみを行うというもので、限りなく簡素化されている。またセレモニーホールを使用せずに海洋葬を行い、そのまま散骨を行う形式も増えている。これは葬儀費用だけでなく、墓地も必要ないという人が行っている。他には葬儀のみ行い、お通夜は行わないという方法など、あらゆる方法が行われているが、共通しているのが、規模、費用ともに簡素化、質素化されているというところである。今後はこのような葬儀費用をあまりかけない、より質素な葬儀が多く、行われると思われる。地域性はあるかもしれないが、特に都会ではその傾向は強くなるのではないだろうか。