終活に繋がる業者を賢く活用|霊園と併せて家族葬も

現代霊園社会

お墓

都会への人口集中でお墓の不足が見込まれる

人口の都会への集中が続いています。三大都市圏でも地方や周辺からの流入で人口が増加しているケースが散見されています。都会では墓地が不足しているため、郊外での霊園の建設が多くなっています。霊園のメリットは駐車場を多く取れることに加えて宗教に拘らずに選ぶことが出来ることです。霊園の区画はお寺のお墓に比べて狭くなっているところが多いようで、費用についても永大使用料に墓石の建設を含めても二百万円前後が多いようです。もちろん区画を二区画併せて購入して大きな区画にしたり、墓石の材料を奮発したりすれば金額は上昇してしまいます。いずれにしてもお寺では檀家になって毎年の費用がかなり掛かりますが、霊園の維持費は最低限で済みます。

霊園の適地が少なくなっている

現在も都会の郊外では各地に霊園の建設が続いています。しかしながら核家族化の影響で地方にお墓を持っている人でも子供たちがお参りしやすいようにと現在住んでいる近くで霊園を探す人が増えています。この傾向は今後ますます多くなることが予想されます。都心では既にマンション形式の室内のお墓が建設されています。今後は利便性のことを考えるとあまり遠くに霊園を作っても売れない可能性があるので、都心のマンション形式が増えるかもしれません。三大都市圏では土地代も上昇傾向を示してきているので、今後の霊園の分譲価格も上昇することが見込まれます。将来のことを考えれば今のうちに自分のお墓を手に入れておくことも有力な選択肢の一つとなっています。